webデザイナー独学学校GJの詳細説明

フリーランスwebデザイナーとは

フリーランスwebデザイナーとは
個人事業主として活動するwebデザイナーのこと

フリーランスwebデザイナーとは、SOHOのwebデザイナーのことです。企業に従業員として雇われているわけではなく、契約を結ぶことで業務を遂行するタイプのwebデザイナーを指します。取引先を選べる上に見積りも自由に設定できますので、まさに個人事業主としての活動となります。会社組織に縛られず完全に自由である代わりに1人で全て遂行しなければなりませんので、それなりの実力が必要です。

フリーランスデザイナーが増えている理由とは

フリーランスデザイナーが活動しやすくなった背景には、クラウド環境が整ってきたことにあります。インターネットを活用して、データを共有したりネット上でプレゼン資料を共有したり、スケジュール進行管理といったプロジェクト管理も可能な時代です、もはやネットを活用したほうが進捗管理しやすいケースもあるほどです。このクラウド環境を活かせば、場所を選ぶ必要はありません。自宅でも海外でもどこでも仕事ができるのです。このクラウドワークスのおかげで2012年以降フリーランスデザイナーもどんどん増加しています。

フリーランスウエブデザイナーの資格

ウエブデザイナーになるのに、国家資格は必要ありません。全て独学であっても大丈夫です。目安としては、実際にwebデザイナーという業種で就職できた時点で名乗れることになります。しかしフリーランスデザイナーの場合、資格を必要としないということは自称でwebデザイナーと名乗ることができます。もし就職が難しい状況でも、フリーランスデザイナーと名乗れば、誰でもwebデザイナーになれてしまうことになります。

仕事内容と問題点

一見、誰でも名乗れるwebデザイナーという職業はハードルの低い簡単な仕事だと思ってしまいがちですが、肝心の仕事を受注できなければ意味がありません。しかもフリーランスということは、営業も、ディレクションも、会計も全て自分でやるとこになります。特に営業力は価格の魅力だけでなくwebデザインの実力を必要としますので、コネクションが無く、実績も少ない状況では、なかなか仕事を得るのも難しいでしょう。

定年までフリーランスデザイナーを続ける覚悟

20代や30代といった年齢でフリーランスデザイナーにあこがれて会社を辞めてしまうというケースをよく耳にします。しかしフリーランスは上述したように営業力も必要とします。そしていつまでフリーランスを続けるのか、60才といった定年に近い年齢までフリーランスを続けられるのか、考えておくことも大事です。50代になっていざ会社員に戻りたいと思っても、年齢的に就職が厳しいケースも考えられます。憧れだけでは人生設計はうまくいかないこともあるのです。

フリーランスwebデザイナー

1Comment

  1. […] いですね。その理由は、豊富なプラグインとイベントの豊富さでしょうか。特にフリーランスwebデザイナーをしている場合、web業界の交流を得られるいい機会ですので、ワードキャンプ […]

課題投稿はコチラからお気軽に!(URLとヒトコトを投稿してください)