webデザイナー独学学校GJの詳細説明

クラウドオフィスの時代とウエブデザイナー

バーチャルオフィス

クラウドオフィスに向いているウエブデザイナーの仕事

最近はクラウドオフィスが一般的になりつつありますね。
ウエブデザイナーのような、パソコンさえあれば場所を選ばず作業できる仕事に向いているワークスタイルです。実際にクラウドワークスやランサーズといったサービスの登場で、仕事をネット経由で注文を受けることが非常に簡単になりました。このスタイルのおかげで、田舎にいても海外にいても、日本中の仕事を請け負うことが可能になりました。

企業側の体制も整いつつある

昔は在宅スタッフを抱える企業は少なかったものですが、近年ぐんぐん増えてきています。それは企業側にとっても都合がよく、フリーランスとして外注を確保することで、雇用保険や福利厚生のコストカットができるということで、導入がどんどん進んでいるのです。フリーランス側も、子供を産んでやっとひと段落したといった主婦ワーカーが、活躍できるワークスタイルとして人気であり、そういった企業とフリーランス側の需要が、インフラの整備が整うことで追いついてきました。

社員としてクラウドオフィスを活用

クラウドオフィスは、外注のようなフリーランスが利用するイメージがありますが、社員を自宅で仕事させ、オフィスはレンタルオフィスを利用するといった会社も増えてきました。事務所の家賃が浮くのは大きなコストカットになります。タイムカード等の管理もネット上でできるようになりましたし、成果物を決められた期間に仕上げるといったノルマ的な指示で、社員管理が容易になったケースも見受けられます。クラウドオフィスにするには、その社員の仕事のスピードの遅延やさぼりが懸念されますので、信頼関係が重要はありますが、メリットはそれをはるかに凌ぐほどにありますので、検討されてみるのも良いかもしれません。

課題投稿はコチラからお気軽に!(URLとヒトコトを投稿してください)