webデザイナー独学学校GJの詳細説明

webデザイナーの仕事内容とは

webデザイナーの仕事

webデザイナーの仕事って具体的に一体何をするんだろう、そう疑問に思う人もおられることでしょう。webデザイナーの実際に務めてみたら想像していた仕事内容じゃなかったと、幻滅するケースもあるかもしれません。仕事内容は会社の業務内容や人材の状況そして労働体制によって変わってきますし、webデザイナーの業務時間も大きく変わります。ここではwebデザイナーの仕事内容について取り上げてみたいと思います。

webデザインだけじゃなく営業を任されることも

会社によっては、営業活動を必要とするところもあります。
これは比較的規模の小さな会社や、一部の部署だけweb制作業務を請け負っているような所によく見られます。営業に人材を割くことができない体制の場合、webデザイナーも営業人員として駆りだされます。とはいっても、大抵はお見積等のお問い合わせが来たものに対して、対応兼営業を任されるところが多いのではないでしょうか。この場合、見積り作成も頼まれることもあります。

webディレクション込みのwebデザイン業務

webディレクターという職種が存在していない所では、クライアントとの打ち合わせや監督業務といったディレクターの仕事も任せられることがあります。比較的規模の大きな広告会社でもこのスタイルが見られることも。この場合コミュニケーション能力だけでなくリーダーシップ能力も重視されます。チームでwebサイトを構築していきますので、リーダー的な役割を担うことになります。

webサイト運営業務を任されるケース

もしそのweb制作会社が、ネットショップ等のサイト運営を行なっている場合、そのサイト運営業務も担うこともあります。具体的な運営内容といえば、バナー作成からアクセス解析を元にした A/Bテストといったマーケティング面まで様々です。クライアントの期待に答える制作業務より、自社運営のサイトメンテナンスのほうがはるかに気楽に仕事ができるかもしれません。

 

課題投稿はコチラからお気軽に!(URLとヒトコトを投稿してください)